ヘッダ3

BB G260PUM or 270PUM チューンドエンジン

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

74,800円
注文数:
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。
2023年12月価格表示(税込み、値上げ分)に変更しました。
2022年11月18日
ゼノア商品値上げ価格を適用しました。
BB-Pro Mod engine
2020年7月14日追記:購入予定の方は1度、電話等で詳細の詰めの確認お願いします。
ご希望の方にはキャブシャフトを真鍮からステンレス製に交換。
+1,800円アップ

2022年11月18日より
BB特製G270PUMは+3,500円アップになりました。
クランクを1mmストロークに変更、タイミングを再設定している。

オプションでE-Zスターター+4,000円

外見上はノーマルとまったく一緒ですが
米国のプロのチューニング屋と互角
またはそれ以上で戦っています。
米国でもマックスrpm、馬力など評判良いですが、
悲しいことに腕とハートがついてきていません。シクシク

BBチューニング取扱説明書に
1台毎の数値デターを記入しています。

*ゼノアG260PUMチューニングエンジンの主な作業内容*
(1)各ポートタイミング、デザイン変更及び
手作業の面取り(#1000仕上げ)、
タイミングも重要ですが
耐久性を損なわずぎりぎりのデザイン変更しています。

(2)ピストン軽量化及び上部,下部のデザイン変更及び面取り
2007年ごろから私のデザインを
米国でもプロの間で採用され始めました。

(3)クランクオイルシール抵抗の低減加工,1箇所
最初はかなり重いので初期性能アップに貢献

(4)クランクシャフト偏心は
クランクベアリング受け間で 1/100mm以下レベルに修正
〔新品のエンジンでも偏心5~9/100ミリあります〕
どうしても作業して『くせの悪い』のは除外しています。

(5)フライホイール静的バランス点検、取作業
中には取れているものある。

(6)キャブインシュレーターのマッチング加工
ノーマルのままでは吸気の渦巻き抵抗が発生します。

(7)圧縮比変更ベースガスケット使用

(8)点火時期を0.5~1.5度ほど進角 

(9)プラグはNGK-CMR7Hに変更
純正ノーマルプラグではパワー出れば壊れます。

(10)最後にウォータージャケットニップルを3ミリ穴に拡大、
再組み立てと再チェク   

実馬力で5.9~6Hp(チューンドパイプで変わります)出ています。
最高記録では6.25馬力(長く使っているエンジン)

商品検索

ログインフォーム

カートの中身

カートに商品は入っていません

カタログの使い方

このサイトは商品の紹介と受注ミスを防ぐため作っております。

カートに入れても即請求は発生しません。
クリックしてお試しください。
問題なくキャンセルも出来ます。
送料を含めた合計金額をメール又は電話でお知らせしてから初めて注文完了となります。